サイトマップ

カードローンのメリットとは

カードローンは必要な時にカードで現金を借入れできるタイプのローンです。一度契約しておけば、申込み手続き不要で、ATMからいつでも現金を引き出せるようになります。カードローンは多くの人に利用されていますが、その理由として、契約手続きが簡単な点と、使い道自由に借入れできる点があります。

 

 

他の各種ローンと比べて使い道と借入れのタイミングが自由なので、お金に関する様々な問題を解決できます。一方でカードローンに不安を持っている人も多いです。自由に借入れできるといっても返済はありますし、カードローンの金利は高いと言われています。

 

カードローンを検討しているなら、実際の申込みから返済の流れをあらかじめ知っておいた方が、安心して利用ができるでしょう。

 

カードローン申込みの流れ

カードローンの申込みは契約機やインターネットで行います。パソコンやスマホがあるならば、どちらにせよ申込みをインターネットで行っておくと、後の手続きが楽になります。

 

申込み時には、指名住所生年月日などの入力だけでなく、現在の借入れ状況なども聞かれます。カードローンでは、入力された情報を元に、仮審査が行われます。消費者金融なら審査結果が出るまでの時間は短く、最短30分で返事がきます。回答はメールまたは電話できますが、その時に融資できそうかどうかが分かります。

 

融資可能であれば本契約を結びます。インターネットで申込んだ場合、本契約もそのままインターネットで行ってもよいですし、契約機で本契約を行ってもよいです。本契約をインターネットで行うメリットは、そのまま手続きが完了する点にあります。ただしカードは後日郵送での受取りとなります。初回借入は自分の口座にお金を振り込んでもらえるので、銀行業務の営業時間内であればすぐに借入れが可能です。

 

契約機で行う場合には、その場でカードが受取れます。消費者金融の契約機は21時過ぎでも開いている所が多く、夜遅い時間であってもその場ですぐに借入れが可能です。

 

特に大手の人気消費者金融ほど早い手続きに期待が持てるようになっているので、急ぎで借りたい方は今すぐ借りるカードローンキャッシングから利用先を選んでおくと安心です。

 

カードローン借入れの流れ

カードローン契約後は、カードを使って借入れや返済を行います。カードには限度額が設定されていて、残高が限度額を超えない限り、何度でも自由に借入れができます。

 

借入れは主にATMで行います。カードローン会社のATMや提携ATMにカードを入れて暗証番号と希望額を入力すると、すぐに現金が出てきます。借入れのタイミングと金額は自由です。例えば冠婚葬祭や飲み会などで急にお金が必要になったら、コンビニATMなどですぐに借入れができます。

 

また、公共料金やクレジットの引落としなどのお金が足りない時には、インターネットを通じて口座にお金を振り込むような使い方もあります。

 

カードローン返済の流れ

カードローンの返済はクレジットのリボ払いと似ています。毎月もしくは35日毎の返済がありますが、毎回口座引き落とし、またはATMを利用して返済を行います。カードローンの返済には約定返済と随時返済があります。約定返済は、最低これだけは返済してくださいという金額の返済です。随時返済は、自分の好きなタイミングで好きな金額を返済します。

 

カードローンでは約定返済のみを行っていれば返済の遅れは発生しませんが、随時返済で大目に返済していけば、借入残高が減っていく分かかる利息は少なくなります。

 

約定返済額は、借入時の借入残高によってきまります。カードローン会社によって規定は違いますが、例えば10万円借りた場合、毎月の返済額は2,000円~5,000円程度になります。返済途中で追加の借入れをした場合、借入後の借入残高に応じてまた約定返済額が変わります。

 

約定返済のみであれば、カードローンの支払いの負担はそれ程多くはありません。金利が高く負担が大きいと考えられている消費者金融でも約定返済だけであれば負担は小さく、金利が上限で17.8%と決して低くないプロミスにおいてもプロミスの返済金額は5万円の借り入れで2,000円、10万円の借り入れで4,000円となっているのです。