サイトマップ

毎月の返済額は変わる

カードローンで借入れをすると、返済の必要が生じます。カードローンの場合、借りたお金をいついつまでに返すというようなイメージではなく、毎月決まった金額を支払っていくスタイルが一般的です。

 

例えば10万円借りた場合、毎月5日に5,000円返済していくようなイメージです。実際の返済額はカードローン会社によって規定に違いがあります。傾向として、借入をした時点の借入残高によって返済額が決定します。

 

プロミスの場合を例にとると、借入残高30万円以下なら3.61%、30万円超100万円以下なら2.53%、100万円超なら1.99%の金額を、1,000円未満繰上げで返済していきます。5万円プロミスで借入れしたなら、3.61%の1,805円を切り上げて、2,000円を毎月返済していきます。

 

返済を続けていて残高が3万円まで減ったとして、その時点でまた、追加で7万円借入れしたとします。その時点で残高は10万円になるので、3.61%の3,610円を切り上げて、4,000円を今後は返済していきます。繰返しの借入れを頻繁に行わなければ、カードローンの返済額はそれ程大きくはなりません。

 

毎月の返済額について、消費者金融は少な目に設定されているので、無理のない返済が可能になっています。ただし、毎月の返済が少ない程、完済までにかかる利息も大きくなってしまいます。余裕があるならば多めに返済していった方が、払う利息を抑えられます。

 

より多くの返済を進めて完済を早めたいと考えるのであれば、毎月の返済金額だけでなく金利自体にも注目した借り入れ先選ぶを行うと良いです。低金利で借りられれば返済の負担も減らせるので、優れた借り入れ先となるオリックス銀行カードローンへの借り換えを考えてみると良いでしょう。