サイトマップ

借入額の限度と扱い

カードローンの借入れは使い道が自由で、しかも何度でも繰返し利用が可能です。契約時には限度額と金利が決定しますが、どれ位の金利でいくらまで借りられるかは審査結果が出るまでわかりません。ただし、ある程度の傾向はあるので、どの位かの予測は立てられます。

 

大手消費者金融の場合、アコムなら最高800万円、プロミスなら最高500万円の限度額までありますが、実際にそれ程の借入れをするのは困難です。初回契約時は10万円~50万円が一般的です。

 

カードローンは繰返し借入れができますが、その都度の使い道は自由です。マイカーローンや住宅ローンのように用途が決まっていないので、多額の融資には限界があります。100万円程度ならともかく、200万円や300万円といった限度額が設定されるケースは稀です。

 

また、消費者金融の場合、総量規制によって2つの制限があります。1つ目は借入金額の制限で、他社を含めた借入総額で、年収の1/3を超える借入れはできません。

 

もう1つの制限が収入証明書類の提出です。借入金額が50万円を超える場合や、他社を含めた借入総額が100万円を超える場合、収入証明書類の提出が必要となります。その分手続きの手間がかかったり、審査時間が長引いたりします。免許証1枚で借入れをするなら、初回は50万円以内となります。

 

この決まりは貸金業者全てに適用されているので、貸金業者となる消費者金融のサラ金でお金を借りる場合には金額に応じて収入証明書類の提出が必要となります。